学校における相談活動勉強会(山口支部主催) 

平成28年1月に 全国保健室コーチング連絡協議会山口支部主催の 相談活動に関する研修会を開催します。

 「学校における相談活動勉強会」
~脳科学から生まれたカードを使って子どもたちの本音を引き出そう~

日時   平成28年1月23日 10時~16時
会場   山口県下関市 勝山公民館
参加費  2000円
講師   桑原規歌 (保健室コーチングマスタートレーナー 元養護教諭
米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー)

◆お申し込み  http://goo.gl/c2nynE

【この講座はどなたでも参加可能です】

◎子どもたちが自ら考え始めるアプローチの方法を学びたい
◎子どもたちの本音や自己イメージ、人間関係をもっと理解したい
◎新しい教育相談の方法を探している
◎教育現場で活用できるコーチング的手法に興味がある
◎子どもたちの主体性を育てたい
◎子どもたちが自己理解 他者理解を楽しく学ぶことができる概念を知りたい

【講座について】

教育相談活動で子どもたちと面談しても
いろいろなアンケートをしても
子どもたちがなかなか本音を話してくれない
こうした現実が 教育の現場で問題として挙がっています。
現場の先生方も もちろん保護者の方も
子どもたちの心の声を聴こうと様々な努力をされています。
しかし、人間は
「何か困ったことない?」「いじめられてない?」
「何か話したいことない?」と直接的な質問をしても
なかなか答えられないのです。

本来、教育相談とは いじめの発見が目的ではありません。
子どもたちの内面理解のために行われるものであると思っています。
今この子は何を感じているのか
どんなことを大切に思っているのか
そんなことを理解することで、結果、トラブルを未然に防ぐことができたり
よりよい学級経営に生かしていくということではないかと思っています。

保健室で子どもたちと関わっている時も
何かの心の引っ掛かりが先に体調不良で出てしまい、自分の悩みと体の状態の関係を本人も理解できていなかったり
何が原因とわからないのにもやもやしたり
本当は話したいんだけど、そのきっかけがつかめないという子どもたちに
多く出会いました。
いかにして彼らの、言語にならない声を引き出すのかは大きな課題でした。

そして、
現職中のこうした経験とNLPや脳科学、コーチングという概念からうまれた心のアプローチグッズは
すでに多くの保健室や学級、家庭、企業で
「これまで何も話さなかった子どもたちが話し出した」
「カードを介することで、子どもたちが自分の課題について自ら考え始めた」
「部下のコーチングに役立った」など
たくさんの成果を上げています。

今回の講座では、
・保健室や学級、家庭において いかにして子どもたちの内面を理解するか
・子どもたちの本音を引き出し 子どもたちが自らが考え行動するための「心のアプローチグッズ」を活用方法
・脳科学的な概念を活用したアンケートの方法
についてワーク中心でお伝えいたします。

【この講座で使うカード類】

1897872_10202649986025113_8118558281921462460_n-300x225
子どもも大人も自分の課題について多面的に考え、行動化に結び付ける「質問カード」

c1f3da6967923660a1882466d742c6e3
何も話さなかった子どもが、思わず本音を話し出しす「人生の魔法カード」

2014-04-14-23-53-07_deco
子どもたちが自己理解を深め、自己肯定感を刺激する「あるあるレンジャーカード」

キャスティングマップ1-225x300
子どもたちの人間関係、家族関係などを視覚化する「キャスティングマップ」

当日はこれらのカードを体験しながら、脳科学の視点から教育相談の在り方を学びます。

★講座のお申し込み  http://goo.gl/c2nynE

 

コメントを残す