【レジリエンス体操®】体験会を開催しました!

7月29日(日)全国保健室コーチング連絡協議会主催 第6回全国保健室コーチング研究大会が開催されました。

その中の分科会のひと枠として「レジリエンス体操体験会」を担当することができました。
子供たちと親御さん、教育関係者のみなさんに参加していただけました。
2時間ほどの体験会の中には、まず今の自分に気づいてもらうワークをします。
忙しい日々の中、自分と向き合う時間がどれだけあるでしょうか?
体は楽?痛みは?こわばってない?
何を思っている?緊張している?楽しいこと思いつく?
色々な質問を自分にします。
体の今を感覚を知る、今の心を聞くことは今の自分に気づくことです。
気づきが起これば成長が始まります。
気づきは今の自分の位置です。
位置が分かれば、次の目標が生まれます。
レジリエンス体操で考える目標とは大きなものではなくて、日々超えていける小さな目標です。
例えば、重心を整えるためにエクササイズを日課にしたり。
心を落ち着かせるために深呼吸を心がけたり。
自分で自分の心身を整えることは、自信へ繋がります。
この毎日の積み重ねが大きな目標達成の心身の土台を作っていくと考えています。
今回の体験会で親子で参加のお母さんがお子さんについて(お子さんは緊張していたのかもしれませんが)体験会が始まる前はちょっと不機嫌だったということでした。「体操をしたら機嫌がよくなったんです」と話してくれました。
お子さんのワークシートを見せてもらうと体の違和感がなくなり、足の裏でしっかり重心を感じている変化を記入されていました。
他のみなさんも体が温まった、耳の聞こえが良くなった、頭痛が楽になった、集中力が増した、体の動きが良くなった、などなど。。。嬉しい変化を感じることができて、レジリエンス体操に興味を持って頂ける良い体験会になりました。
私たちも楽しんでお伝えすることができ、たくさんの学びを受け取ることができました。

参加のみなさま、ありがとうございました。

コメントを残す