レジリエンス体操初級秋冬講座 次回近日公開!8月開催したレジリエンス体操初級講座を報告します☆

『8月に名古屋で開催されたレジリエンス体操 体験会・初級講座の報告』

子ども達に提供できる新しい体操を学びたいという思いで受講をされた養護教諭の先生方は、体操を体験するとご自身の変化に驚いていました。
3分間の体操ひとつひとつ、心身が整う要素の説明を受けながら体操の動きを学びます。
ワークシートにレジリエンス体操を行う前の状態と行った後の状態をチェックするので、どんな変化があったのか皆さん納得の体験となりました。

『参加者の感想』
●受講者の感想/養護教諭
実際に体験してみて、体の感覚や柔らかさ、スッキリ感の違いがハッキリとわかりました。自分の状態を整えること、自分を大切にすることが、この体操をすることで体からわかっていくような気がしました。
勤務先の保健室で地道に生徒に伝えていきます。特に体感覚優位の生徒にはまず一緒にやっていきます。続けていくことで生徒が前向きになっていく姿がイメージできました。
家族にも伝えます。
今日は改めて、脳-心-体のつながりを再認識できたと思ました。
今日の学びを明日からの生活に繋げていきたいと思いました。

●受講者の感想/養護教諭
体操をする前と後で重心(足の裏)のかかり方が全く変わりおどろきました。
たぶん重心(前方)は自分の前のめりの思考からだと気が付くきっかけになりました。
また、終了後 気もち(うきうき感)が上向きになっており、体がすっきりすると心もうきうきしてくることが実感できました。
言葉だけのアプローチだけでなく、まず体から整えていくという方法が良く分かりました。
生徒のタイプによって使い分けていきたいと思いました。
考えすぎて動けなくなっている時に有効だと思ったし、日々続けていくことで体に「この整った状態」を記憶させていくことがレジリエンスにつながっていくのだと思いました。
心-体-頭の整合性をつけるために生徒に伝えていきたいと思います。

 

 

コメントを残す