第5回全国保健室コーチング研究大会 参加者の感想

 

 

【第5回全国保健室コーチング研究大会 参加者の感想】

・初めて保健室コーチングにふれました。実践発表を聞いて発表者のみなさんがきちんと理論に基づいて実践されていてすばらしいと思いました。どんな保健室にしたいのか、どんな養護教諭になりたいのか・・・。それらの想いがあいまいなまま毎日生活していたのを痛感しました。学校にかえってもう一度考えてみたいです。後半のグループセッションは、発表の先生方に直接話が聞けたのがとっても良かったです。またぜひ参加したいです。

・ざっくばらんな・・・ながらも、とても本質的なというか核心をついたな素晴らしい発表でした校内、どう発信すれば思いが伝わるのかとあれこれ考える中に、ベースが「わからせてやる」「わかってもらえない」などの自分の思い込みや押しつけがあったことに発表を聞きながら気づく場面が多々ありました。年度末のこの時期、来年度の構想をするにあたり考えるきっかけになりました。

・みなさんの生の実践を聞くことができ大変勉強になり、刺激を受けました。改めて「気づき」がありました。明日からの頑張る意欲を頂けました。

掲示物・保健だより・シート類、とても参考になりました。保健室コーチングの学びとリンクした実践でよくわかりました。貴重な体験をさせていただきありがとうございました。勉強になりました。

・どなたの発表も大変参考になりました自分もやってみよう!やってみたい!と思うことが多くあり参加してよかったと思います。保健室コーチングについて更に学んでいきたいと思います。
時間も遠方の参加者に配慮してくださってあり助かりました。最後のグループセッションも実践発表者の方に直接いろいろ伺えて大変良かったです。

・同じ学びをしても、どう実践するのかは本当に人それぞれ無限大と感じます。初めに先生がお話された基調講演の内容は、自分に響くものがありました。どの先生の実践も、先生ご自身がいきいきとしていて、きっとそういったものも含めて子どもたちや教員に届くのだと感じました。自分は、何もできていないと思っていますが、「ある」とRASを働かせてさらに良いものにするためにはどうすればよいか?を考えていきます。まずは、自分がキラキラワクワク実践できるか?が大切だと感じます。

・本日、参加し四名の先生方の実践事例を聞かせていただき、自分も自分にしかできない実践をしたいという気持ちから「実践します。」になりました。学ぶことはできても、なかなか自分にしかできないという事を考えると思考が停止してしまうことが多かったですが、やろうという勇気とやる気と元気をいただきました。

・いろんな実践を聞けてよかったです。みなさんが様々な実践の中で、子供たちが次への希望や勇気をもって今の課題に取り組む姿に変容していったのだなをいうことが分かりました。コーチングの技術を学んでいなかったので、わからない部分もあったので、学んでみたいという気持ちが高まりました。

・それぞれのテーマが分かれていて大変参考になりました。大事なことは何かがはっきりしたように思います。

・今までのような外部講師の先生の分科会もよかったですが、保健室コーチングを学んだ先生方の実践発表を聴く今回の大会がとてもよかったと思います。発表者として参加いたしましたが、発表する機会をいただいたことで、まとめる作業を通して、自分の実践に価値を見出すことができたと思います。実践をまとめるってとても大切だと思いました。

・初めて参加させていただきましたが、どの先生方も保健室コーチングの内容をもとに、各校の子どもたちの実態に合わせて工夫して実践していらっしゃって、子どもたちの豊かな心を育んでいきたいという熱意や愛情を感じられました。大変勉強になりましたし、自分の保健室経営を見つめなおす良いきっかけとなりました。

・実践発表をされる方は、保健室コーチングを学んでいるから自然に専門用語が出てきましたが、そもそもメタファーって何? VAKは何? と思いました。学んでいない人にも分かりやすく発表することをお願いします。質問コーナーは講師の方々に詳しく聞けて良かったです。

・自分と向き合えていないことを改めて痛感させられました。皆さんの実践は何がしたいのか明確で、しっかりと想いが伝わってきました。自分は...。自分のペースで向き合っていきたいと思います。

・とても刺激を受けました。今は成長する人に「なりたい」から「なります」の気持ちでいます。発表してくださった先生方のようになりたい自分、子どもたちに何を伝えたいのかを明確にします。発表された方々みなさんが、他の先生と連携している状況を作られている事も大変素晴らしいと思いました。

・各々の学校で工夫をこらして実践されている様子がとても良く分かった。私では...と思っていた事が、実は違っていて、どんなふうにもできると思い勇気になった。職員への支援にも力を入れたいと思う。発表者とのグループセッションは詳しく聞くことや発表者の人柄が分かり楽しかった。

・どの発表もとても興味深く参考にさせていただきたい内容がもりだくさんでした。グループセッションでは、発表中に疑問に思ったことを気軽に聞くことができて大変有意義な時間でした。

・桑原先生が基調講演の前におっしゃっていた「カジュアルな研究実践発表」なことが、本当に良かったと思います。発表者の方に直接聞きたいこと、知りたいことが聞ける時間があるのは本当にいいと思いました。また、他の人が質問していることも新たな気づきになったり、自分を振り返るポイントになったりととても良かったです。

・それぞれの先生方がコーチングで学ばれたことを自分の中で整理し、自分の取り組みにされていることにとても刺激を受けました。グループセッションにおいても自分の課題や日々の問題解決のためのヒントがたくさん得られました。

・すべてどれもたくさん得ることがありました。学校へ帰って自分は何ができるかを発表を参考にして考えてみたいと思います。

・前向きにポジティブに取り組まれた実践を聞いて、思い出させてもらえたこと、刺激になったこと参考になったことがたくさんありました。

目からウロコの実践がたくさんで、発表されていた先生方が楽しそうで、聞いている私もワクワクしながら聞いていました。をやわらかくして目標を明確にして、子どもたちと接していきたいなと思います。質問カードの質問も自分の学校に合ったものを作ればいいんだ!と思いました。実践をたくさんして自分なりのコーチング力を高め、いきいきした子どもたちを育てていきます。

・桑原先生の基調講演と四人の先生方の実践発表と、とてもぜいたくな時間過ごさせてもらったような思いでいます。姫先生がはじめのあいさつでおっしゃっていたように、県大会などの発表ではなく、よそ行きのことばで飾られていない生の声というより「生の思い」を拝聴させていただきました。どの先生方もどうしたいのか、何をしたいのか、それは何のためにかが明確なので伝わってくるものが胸に響きました。特に毛利先生の話を聴かせてもらってから、胸がドキドキしています。少し大げさにいうと雷に打たれたような魂をゆさぶられたような感じです。この気持ちが何なのか言語化していきたいと思います。

・大変勉強になりました。アットホームな会だったので、手が届きそうな実践に感じました理論が学びたくなりました。

・自分にはなかったアイデアがたくさんあり、「こんな使い方もできるんだ」と発見の連続でした。桑原先生の言葉にドキッとしました、現状に甘えず、忙しさを理由にせず、改めて自分の仕事に対する姿勢を見つめなおそうと思います。

・初めて参加させて頂き、とても有意義な時間を過ごすことができました。子どもたちに気づきを与えられるような実践発表を聴き、先生方の熱意が伝わってきて自分自身も養護教諭として何か行動をしたいと強く思いました。

初めて参加したため、質問カード、あるあるレンジャーなど、どんなものか分からなかったが、午後の質問で詳しく話してもらえて分かりました。いろいろな実践を聴くことができて良かったです。コーチングを少しでも受講していたら、深まる大会だったかな?と思いました。

あらためて保健室コーチングのすばらしさを感じました。多くの先生方が学ばれ仲間が増え、そのことが自分自身の力となっています。まだまだ理論や原則を自分のものにはできずに、悩んだり落ち込んだりしています。でも、学び始めたころに比べて状態管理ができRASが働くようになりました。発表された先生方のパワーやアイデアを自分にも取り入れ、実践していくと決めました。

・基調講演の桑原先生の「学んでも実践力があがらない人の…」には反省しきり。保健室コーチングを学んではいるものの、自分とむきあっていない人生と向き合っていないことを反省しました。一歩前に進みたいと思います。

・具体的で分かりやすく、勉強になりました。メソッドを自分のものにして実践されていてすばらしいと思います。自分の学びの浅さを実感しました。

・今回は発表者としての機会をあたえてもらってありがとうございました。
それぞれが全然ちがうテーマだったのに根底には同じものが流れている感じがして、なんだかうれしくなってきました。今回、発表までにまとめていく間も、マインドマップで考えてみたり、テキストを読み返したり、自分のやったことを見つける作業は楽しくて、苦しまず当日を迎えることができました。(当日の発表は緊張しましたが・・・)もし保健室コーチングを学んでいなくて、何かの発表をすることになっていたら、もっと苦しんでいたのではないかと思います。ほかの3人の先生方の発表の原稿をみて、実際きいて、自分の発表と比べてしまう自分もいたのですが、今日の自分の目標は「保健室コーチングの輪を広げる」と言い聞かせてました。午後からのグループ討議も和気あいあいとした空気の中で、進めていただいて話しやすかったです。欲を言うならそれぞれのグループでどんな質問がでたのかや、発表者からこんな追加の話があったとかシェアができる時間があったら、また深く学べたのかなと思いました。

・各々の実践発表を刺激的にうかがいました。

・いろんな方の実践をきけて良かった。いろんな工夫があって違う視点が分かって良かった。発表させて頂き自分のことがまとめられてよかった。

 

 

コメントを残す