『研修&ワークショップ詳細』 第4回 全国保健室コーチング研究大会 

研修&ワークショップの詳細をご紹介しています。

すでに、第8分科会は、満席です。

お申し込みはこちら ➡  https://form1ssl.fc2.com/form/?id=f11eeab3044e1ea6

FAX 申し込みはこちら

 ➡  http://hoken-coa-joint.net/wp-content/uploads//2014/03/dai4kaiyoukou.pdf

 

 

午前の部

第1分科会  ブレインジム入門「基礎運動”ペース”」とチームの実践力を高めるブレインジムエクササイズ』
講師:小川直子【ブレインジムインストラクター】

ブレインジムとは、シンプルな運動で脳を活性化させる脳トレーニングです。脳と心と身体のバランスをとることでストレスの軽減、あらゆる能力の向上の助けになります。簡単でゆっくりした動きなので、子供からお年寄りまで幅広い年代の方が学べる体操プログラムです。分科会では、ブレインジムの基礎運動「ペース」をしっかり学び、学校や家庭でのチームの連携を高め、実行力を向上するエクササイズをご紹介します。

 

第2分科会 『ワクワク うきうき 無限大 ~マインドマップを使って~』
講師:田村昭生【愛知県公立小学校教諭】(参加者持ち物:色鉛筆や色ペン)

「どんなことにマインドマップは使えますか?」って聞かれたら「あなたが使いたいことすべてです。」と私は答えます。マンガ「ドラゴン桜」で出会ってから、マインドマップを描いてきた経験をもとにメモからスケジュール管理、アイデア出しなどの実例を紹介します。誰でも楽しみながら、うきうきするマップが描けるようになります。

 

第3分科会  『教育支援コーチング講座(入門編)』
講師:毛利恭枝【教育支援コーチ/保健室コーチングトレーナーアソシエイト】

日常の関わりを通して、子どもたちに継続的に行うことができる「脳のしくみに基づいたコーチングアプローチ」や「支援者のあり方」について楽しく体験しながら学ぶことができる講座です。子どもたちのより良い思考を育てるための日常的にできる関わりを参加者の皆さんと事例を共有しながら学んでいきます。

 

第4分科会  『自分自身のリーダーになる』
講師:渡邉尚久【『7つの習慣小学校実践記』著者】

スティーブン・R・コヴィー博士が、過去200年間の成功に関する文献を研究し、長期に渡り望む結果を得続けるための原則をまとめた、ベストセラービジネス著『7つの習慣』。その販売部数は全世界3,000万部、国内200万部を突破し、ビジネス書の歴代No.1の地位をゆるぎないものとしています。その内容を教育に応用したのが、今回、提供する授業プログラムです。7つの習慣を用いたリーダーシップ教育について、ワークショップ型授業で体感してください。

 

第5分科会  『ハートマッスルレジリエンスメゾットを活用した教育相談 ~「人生の魔法カード」などの使い方と教育実践事例~』
講師:鈴木かをる【愛知県主任養護教諭/保健室コーチングトレーナーアソシエイト】

「子どもに話してほしいと願うほど、なぜか話してくれない。」「何を聞くのか、聞かないのか自信をもてない。」そんなあなたにピッタリのメゾットを紹介します。実際にカードを使った教育相談を体験していただければ、納得できますよ。

 

第6分科会  『心を動かす発信力と交渉力』
講師:桑原規歌【保健室コーチングマスタートレーナー】

人の心を動かし、共感される伝え方を学びませんか?保健だよりや学級通信の書き方、職員会等での提案、様々な交渉事、クレーム対応などの様々な場面で応用できる再現性の高い方法をお伝えします。

 

 

午後の部

第7分科会  『初めての「保健室コーチング」を体験しましょう』
講師:藤岡智江【長野県 養護教諭/保健室コーチングトレーナーアソシエイト】

保健室コーチングは、脳科学的アプローチを応用しながら相談者と関わる中で、相談者自身が持っている力や本音の部分への気づきを促します。今まで気づいていなかった可能性を開くことが相談者の心の成長につながっています。さらにこの関わりは、支援者自身への気づきにも影響し、実はこれが保健室コーチングの大きな魅力といえます。この魅力の一部を、脳科学の理論と実際のワークで体感してみませんか。

 

【増席→満席御礼!!】第8分科会  『あなたの能力を高めるための整理術』
講師:佐藤百世【一級建築士 ハウジングコーチ】(参加者持ち物:はさみ、のり)

毎日おわれるように仕事をこなしていませんか?あなたの身の周りの状況はあなたの思考が現れます。物を減らしてきれいにしまうだけにとどまらず、ラクにこなして想い通りの仕事をするための空間づくり、それが整理術です。物との付き合い方を学び、あなたが最高の能力を発揮し質の高い仕事ができる空間のつくり方をお伝えします。

 

第9分科会  『掘り起こそう! 輝かせよう! 保健室経営ビジョン』
講師:大村尚美【越前市立中学校 養護教諭/保健室コーチングトレーナーアソシエイト】

学校保健活動の中核的な役割を果たしている養護教諭。
養護教諭が中心となり、児童生徒の心身の健康課題の解決に向けて、教職員をはじめ関係者
と連携し、計画的に組織的に保健活動の推進や充実を図るよう求められています。その指針である保健室経営計画のベースとなるものは、養護教諭である自分自身の思いや願い。
関わるこども達に、どんな力をつけたいと思っていますか?関わるこども達の10年後、20年後の姿に、どんな姿を願っていますか? その思いや願いは、明らかですか?
思いや願い明確にして、めざす保健室経営を考えてみませんか!?

 

第10分科会  『アドラー心理学で豊かに生きる』
講師:一尾 茂疋【一尾塾 塾長】

アドラー心理学を解説する「嫌われる勇気」がAmazonで2014年度年間総合ランキング1位を獲得すると、アドラー心理学は多くの人々に注目されるようになりました。アドラー心理学は、「どうすれば幸せに生きられるのか?」という問いに対して、指標となる考え方を提案しています。分科会では、基本理論、重要な概念「共同体感覚」について紹介し、どう使うことができ、なぜそれが幸せにつながるのか?ということを皆さんとともに話し合いたいと思います。

第11分科会  『「心のアプローチグッズ」活用術~効果的な活用はあなたのアイデア次第!~』講師:和田美代子【山口県 養護教諭/保健室コーチングトレーナーアソシエイト】
(参加者持ち物:ハサミ、のり、色鉛筆またはカラーペン)

「心のアプローチグッズ」背景理論の説明、「質問カード」「人生の魔法カード」の基本的な使い方の演習、応用編として「あるあるレンジャー」「幸せを壊す妖怪たち」の授業活用等、現場で生まれたオリジナル実践例を紹介します。現場に即した効果的な活用方法を探るためのヒントが満載の講座です。

 

第12分科会  『心の回復力を高める4分間エクササイズ』
講師:小川・毛利・長尾【ハートマッスルレジリエンス体操研究チーム】

4分ほどの簡単なエクササイズをすることで、よりよく生きるための心の基礎体力を育てます。従来の準備体操のイメージではなく、毎日体操を行うことでレジリエンスを育んでいきます。
(レジリエンス=困難を柔軟に受け止め、前向きに立ち直る強さ。しなやかに生きる)
《レジリエンスを高めることで期待できる効果》
心のしなやかさの向上、学習能力向上、集中力向上、姿勢を整える、ストレスケア

コメントを残す

コメントをするには、会員ログインが必要です。 ログイン/新規登録