一般社団法人全国保健室コーチング連絡協議会会則

第1章 総則

第1条 本会は一般社団法人全国保健室コーチング連絡協議会と称する。
第2条 本会の事務局は愛知県犬山市上野郷1492-1  レヴァン城西 203号に置く
第3条 本会は保健室コーチング関連の資格取得者と保健室コーチングの現場実践者、および保健室コーチング事業、脳科学の教育的活用の普及活動に賛同する者をもって構成する。

第2章 目的

第4条 本会は、会員相互が連絡・連携を図り、教育現場、子育て、地域の人的支援の実践力について研究し、地域における「生きるチカラ」を支援する様々な立場の方々の資質を高め、その実践力の向上に寄与することを目的とする。

第3章 事業

第5条 本会は第4条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)全国大会、地区研究大会の開催
(2)地区役員、支部の主催による保健室コーチング勉強会、実践事例検討会の実施
(3)実践事例集の発行
(4)保健室コーチング資格コース、セミナーへの協力(ボランティアスタッフ派遣)
(5)その他この会の目的を遂行するための諸活動

第4章 組織

第6条 本会は全国各地域に支部を置き、支部は当該地域内の会員をもって組織する。

第5章 役員

第7条 本会は次の役員を置く。
(1)会長    1名
(2)副会長  1名
(3)常任理事 3名
(4)理事   2名
(6)会計監査  1名
(7)顧問 必要によりおくことができる。
第8条 役員の任期は2年間とし、選出は次の通りとする。ただし再任を妨げない。
(1)会長・副会長は、理事会にて決定する。
(2)理事は現職養護教諭より2名選出し、会長が委嘱する。
(3)会計監査は、会長が推薦し、役員会で承認を受け委嘱する。
(4)顧問は必要により会長が推薦し、役員会で承認を受け委嘱する。
第9条 役員の任務は次の通りとする。
(1)会長は本会を代表し会務を統括する。
(2)副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその任務を代行する。
(3)常任理事、理事は、実質的運営にかかわる事業を推進する。
(4)会計監査は会計を監査し、理事会で報告する。
(7)顧問は会長の諮問に応じる。

第6章 会議

第11条 会議は役員会、理事会、総会等とし、会長が招集する。
第12条 役員会は本会の運営に関する企画及び会務の執行にあたる。
第13条 理事会は本会の決議機関とし、原則として年2回開催し、下記の事項を審議決定する。
(1)会長・副会長の承認
(2)事業計画
(3)予算及び決算
(4)その他本会の運営に関すること
2 議決は出席者の過半数の同意をもって成立する。
第14条 研究大会は毎年1回開催し、研修を深め、親睦を図る。

第8章 会計

第15条 本会の経費は、会費・補助金・その他の収入をもってあてる。
第16条 本会の会計年度は1月1日から翌年12月31日までとする。
第17条 年度会計の収支は、監査を受け、理事会で承認を受ける。

第7章 会議

第18条 本会の会員登録はFAXまたはHPフォームから行い、2週間以内に年会費5000円を納める。会費入金後にログインのPWを発行する。
第19条 会員の有効期限葉入金後1年とし、継続する場合は、有効期限が切れる前に更新が必要となる。その際に年会費5000円を納める。
第20条 本会の会員は会員特典として、研究大会の参加費割引、その他講座の割引を受ける。
第20条 本会のHPから会員特典としてダウンロードしたり、視聴する動画を、非会員に譲渡、配布、視聴させた場合、会員の資格を失い、場合によっては、法的手段による措置を行う。

附則 本会則は、平成25年12月1日より施行する。

コメントをするには、会員ログインが必要です。 ログイン/新規登録