全国保健室コーチング研究大会写真 【全体会】

平成26年7月26日 全体会(開会行事)と実践発表

全体会 (3)  事務局 若杉

全体会 (5)  司会 毛利

全体会 (7) 会長桑原の挨拶

全体会 (26)  大会委員長  橋元教授

全体会 (27)  来賓 佐藤容子教授

全体会 (14)  橋元教授も佐藤教授も 臨床心理士です。

全体会 (17)  実践発表の先生方と分科会講師の先生方

全体会 (13)? 全体会 (23)  全体会 (8)

 

全体会 (34)  全体会 (38)  全体会 (28)

北は東北 南は九州から 101名の方々が参加して下さいました。

参加費だけでなく、交通費、宿泊費も自腹で参加される方がはやはり意欲が違います。

全体会 (39)  全体会 (36)  全体会 (41)

全体会 (49)  全体会 (46) ? 全体会 (44)

実践発表は 山口の和田先生、福井の大村先生、愛知の前田先生が、音の実践を熱く語ってくださいました。参加者が思わず引き込まれる画期的な実践がざくざくでした。

保健室登校の子どもが「質問カード」をきっかけに、自らへの問いかけのカードを作り始め、教室へ戻っていこうとする姿の支援、またその保護者に対する保健室コーチングによるアプローチで気づきを促すなど画期的な取り組みをされた和田先生。あるあるレンジャーカードを使った授業開発は、保護者からも絶賛されたと報告がありました。

全体会 (50) 全体会 (52) 全体会 (58)

長年の保健室コーチングの学びから、子どもたちへのアプローチにおけるご自身の在り方を変えることでこれまでにない成果を挙げられた大村先生は授業にも脳科学の視点を取り入れられ、生徒の気付きを引き出しておられました。

全体会 (70) 全体会 (74) 全体会 (69)

 

前田先生は、特別支援の立場から、子どもたちに自ら働きかけるというユニークな実践発表をしてくださいました。独自の立場を生かして「待っている」のではなく「自ら動く」というスタンスの下、精力的な実践をされています。発表スタイルも独創的にその語りのうまさにみんなが引き込まれました。

全体会 (73) 全体会 (72) 全体会 (71)

全体会 (66) 全体会 (68) 全体会 (67)

全体会 (10) 全体会 (35) ?全体会 (28)

参加された皆さんも、真剣に発表を聞き入っていらっしゃいました。

全体会 (65) 全体会 (62) 全体会 (57)

全体会 (56) 全体会 (43) 全体会 (53)

全体会 (42) 全体会 (38)

コメントを残す

コメントをするには、会員ログインが必要です。 ログイン/新規登録